ハワイのキッズプログラム“ポピンズ”のガチでリアルな体験レビュー

2018年8月に家族3人(自分・妻・息子5歳)でハワイへ行ってきましたー!3年ぶりのハワイです。今回は初めて託児サービス(ポピンズ・ケイキ・ハワイ)を利用しましたので、現地で撮影した写真を交えながら詳しくレビューしてみたいと思います。

5歳の息子をハワイの“ポピンズ”に初めて預けてみた!


こんにちは!このサイトを運営している万次朗です。

2018年8月に家族3人(自分・妻・息子5歳)でハワイへ行ってきましたー!3年ぶりのハワイです。今回は初めてキッズプログラム(ポピンズ・ケイキ・ハワイ)を利用しましたので、現地で撮影した写真を交えながら詳しくレビューしてみたいと思います。

今回の旅行にあたって、ハワイのキッズプログラム(ポピンズ)について結構ググってみたんですが、意外と詳しい情報ってなかったんですよねー。このサイトでは、「実際のところ、どうなの?」という皆さんの疑問にお答えできればと思っていますので、ぜひご旅行の参考にしてみてください。

 

ポピンズ・ケイキ・ハワイの基本情報

 
  • 英語と日本語が話せる熟練教師によるバイリンガルプログラム
  • 日本でのポピンズトレーニングを受けたアメリカ人を含むスタッフ対応
  • シェラトンワイキキのホテルゲスト以外でも利用可能
  
  開設場所: シェラトン・ワイキキ4階 スイート434と435号室    
  営業時間: 9:00〜18:00(7:00〜22:00までの延長可)
  参加対象: 3ヶ月~12歳



生後3ヶ月から12歳までの子どもが利用できる、ハワイ州公認のキッズルームです。運営は日本国内で20年以上の保育実績がある企業が行なっています。この点は本当に安心感がありますね。

シェラトン・ワイキキ・ホテル内にありますので、ワイキキ周辺のホテルに宿泊予定のご家族にとっては最高のロケーションですね!

4Fのスイートルームを改装したキッズルームは広々していて、ウクレレやお絵かきセット、絵本、ぬいぐるみなど、子どもが喜びそうなおもちゃがたくさん置いてありました。そして何より、ワイキキビーチが一望できるオーシャンビュー!(こんな部屋に泊まってみたいものです…)


ちなみに、毎年10月1日は「ポピンズ・ケイキ・ハワイの日」としてハワイ州知事から認定されているんだとか(笑)

 

ポピンズ・ケイキ・ハワイの具体的なプログラム内容は?


ポピンズのキッズプログラムは、年齢と季節、曜日に応じて異なるアクティビティが用意されているんです。預かり時間としては、基本的に半日プログラムか1日プログラムになりますが、2歳5ヶ月までは1時間単位で預かってもらえます。

半日プログラムや1日プログラムに参加すると、キッズルームを飛び出して、外遊びに連れて行ってくれるんですよ!

例えば、うちの子が参加した秋の半日プログラムですと、2歳5ヶ月〜4歳まではワイキキビーチでの砂遊びとホテルのキッズプール、5歳以上だとワイキキビーチでのボディーボードとホテルのプールという内容です。

1日プログラムになると、外遊びに加えて、室内でのクッキー作りやアクセサリー作りも体験することができます。

 

✴︎ 秋のプログラム 2018


 

✴︎ ホリデープログラム 2019



ちなみに、冬のホリデープログラムでは、ドールプランテーションやビショップミュージアムへおでかけします。みんなで車に乗ってワイワイおしゃべりしながらの移動も楽しい時間ですよねー。

 

ポピンズ・ケイキ・ハワイの利用料金は?

 
利用単位: 2時間から予約可能(延長は30分単位)
営業時間内: 3ヶ月~2歳5ヶ月 $30/時間
 2歳6ヶ月~4歳 $25/時間
    5~12歳 $20/時間
営業時間外: 3ヶ月~12歳・$46/時間
プログラム: 半日$80~、1日$150~
(シーズン、アクティビティ内容により変動)
キャンセル料: 2日前の17:00まで: なし
1日前の17:00まで: 料金50%
 利用日当日まで: 料金の100%
(シーズン・アクティビティ内容により変動)

3ヶ月から2歳5ヶ月の子どもは、1時間$30。2歳6ヶ月から参加できる半日プログラムは$80〜、1日プログラムは$180〜でという設定です。遠方のアミューズメント施設に行く場合は最大1日$270ですので、なかなかいいお値段ですよね。

 

ハワイでキッズプログラムを利用することの意味とは?


そもそも、ハワイでキッズプログラムを利用することの意味は何なのか、僕なりに考えてみました。

ハワイでキッズプログラムを利用したことのある方は、まだまだ少数派なんじゃないかと思います。だって、せっかくハワイまで来たのに、家族バラバラで行動する必要はないんじゃないの?って。それに、比較的安全と言われるハワイであっても、大切な子どもを人に預けるって少し心配もありますし。

それでも、僕はキッズプログラムの利用を強くオススメします。利用料も決して安くはないですが、それでも利用する価値は充分にあると思っています。今回の旅行で、その思いを強くしました。理由は大きく分けて2つありますので、皆さんがキッズプログラムを利用するかどうか判断される参考にしてみてください。

 

意味その① 我が子に海外での貴重な成長機会を与えてあげる!


実はつい最近まで、旅行先で子どもを預けるなんて発想はまったくありませんでした。ですが、今年の春先に息子が親なしで1泊2日のキッズキャンプに参加したことをきっかけに、考えが大きく変わったんです。

もちろん、子どもが参加したいと言い出したので応援してあげたいとは思っていたんですけど、心の中では「一人で大丈夫かなぁ…」「やっぱり、まだ早いんじゃないかなぁ…」なんて夫婦で心配していました。

でも、結果的に参加させて大正解!

キャンプから帰ってきた息子の目はキラキラ輝いていて、ひと回り成長した顔つきになっていたんです。バスから降りてた息子の第一声は「すごく楽しかった!また参加したい」とのこと。親が考えている以上に、子どもはもの凄いスピードで成長しているものなんですよねー。完全に親のいらぬ心配でした。

そんな経験があったので、海外だったらなおさら、息子に貴重な経験をさせてやれるんじゃないかって思ったわけです。それに、ポピンズだったら、日本企業が経営しているので安心できるし、バイリンガルのスタッフもいるので英会話も経験できる。これが、一番大きな決め手でした。

 

意味その② 子どもから解放された大人時間を満喫できる!


言うまでもなく、これも大事な理由ですよね(笑)連日、ロイヤルハワイアンセンターやアラモアナショッピングセンターで走り回る子どもを追っかけるのって、結構疲れるんですよねー。(経験者は語る…)

せっかくハワイに来たんですから、ゆっくりカフェも楽しみたいしショッピングにも時間をかけたい。子連れは難しいサーフィンの体験レッスンもやってみたい。

キッズプログラムを利用すれば、そんな希望が叶っちゃうわけです。ハワイでの大人時間も、ある意味でプライスレスですよね。

 

5歳の息子がポピンズの半日プログラムに参加しました!


ここからは、実際に子どもをポピンズに預けた体験談(レビュー)をお話していきます。今回でハワイは4度目だったのですが、キッズプログラムの利用は今回が初めてでした。

探してみると、ハワイではいくつかの大型ホテルでキッズプログラムをやっていて、いろいろなキッズプログラムが用意されています。でも、そのほとんどが宿泊者限定なんですよねー(涙)メジャーどころですと、アウラ二・ディスニー・リゾートヒルトン・ハワイアン・ビレッジでもキッズプログラムがありますが、残念ながら宿泊者限定です。

今回、私たちが宿泊したホテルにはキッズプログラムがありませんでしたので、宿泊者以外でも参加できるポピンズ・ケイキ・ハワイは貴重な存在でした。その他には、経営が日本企業だったことや、日本語スタッフが常駐している点が決め手でした。

 

ポピンズに決めた
3つの理由
  • ホテルの宿泊者でなくても利用できること
  • 保育実績がある日本企業が運営していること
  • 日本語が話せるスタッフが常駐していること
 

ハワイでキッズプログラムを利用するには事前予約が必須


ハワイのキッズプログラムは事前予約が必要です。ポピンズも例外ではありません。実は、オフィシャルサイトから予約するよりも、おトクに予約するコツがあるんです。

それは、VELTRA(ベルトラ)経由で予約すること。オフィシャルサイトで予約すること詳しくは、後ほどお話しますね。(早く知りたい方は、最下部へスクロールしてください)

予約には、預けたい日時や子どもの名前など、簡単な質問項目があります。ハイシーズンは観光客も多いので、早めに予約されることをオススメします。



我が家は、半日プログラムを申し込みました。どうせだったら、外遊びさせてあげたかったですし、ワイキキビーチでのボディボードなんて絶対楽しいに決まってる!と思ったからです。

予約申し込みすると、翌日か翌々日には確認メールが届きます。ちなみに、予約する際、備考欄に次のようなコメントを書いておきました(笑)

初めて利用させていただきます。最近、お預けする息子が英語に興味を持ち始めました。ボタンを押すと英語を話す絵本がお気に入りです。まだ、“Hello!”や“Thank you!”程度の簡単な単語しかわかりませんが、生の英語に触れさせたいと思っています。簡単な英語で話しかけていただくようお願いします。

 

当日は予約時間の10分前にキッズルームへ送り込み


半日プログラムは朝9時からでしたので、宿泊ホテルを少し早めに出て、ポピンズが入っているシェラトンワイキキのカイマーケット(1Fレストラン)で朝食ビュッフェしました。シェラトンワイキキは10年ほど前にも宿泊しましたが、フロントもレストランも新しくなって洗練された雰囲気になってました。



10分前になったので、4Fのポピンズへ。4Fに到着すると、エレベーターホール正面にはエステサロンがあり、ほんのり素敵な香りが漂っていました。エステサロンとは反対側にポピンズのキッズルームがあります。





ドアを開けると日本人スタッフが元気よく出迎えてくれました。最初にアンケートを記入します。全部でA4用紙4枚程度だったと思います。預かり中の連絡先や子どものアレルギーの有無など、結構細かく質問されますので、全部答えるのに5分以上はかかりました。



アンケートを終えたら、持参した荷物(水のペットボトルと水着)と一緒に子どもを預けて一旦お別れです。別れ際に「やっぱり、パパとママと一緒にいる!」なんて言いだすんじゃないかと心配(期待?)しましたが、まったくそんな素振りもなく、先にキッズルームにいたお友だちの輪の中に入っていきました(笑)

 

待ちに待った貴重な大人時間!セグウェイに初挑戦


さてさて、待ちに待ったこの時間!息子不在の貴重な大人時間ということで、妻と事前に相談した結果、子連れではできないアクティビティをやってみようということに。

そこで。初めてセグウェイに挑戦しました!

これは、残念ながら12才以上しか参加できないんです。でも、「有吉の夏休み」(2018年9月1日放送)で芸能人の皆さんが乗っているのを見て「これやりたいっ!」ということに。



ここでは詳しくお話しませんが、感想としては、めちゃくちゃ楽しかったです!不思議ですよねー。コツを掴めば少しの体重移動だけで、思った方向に進んで行くんです。ワイキキの美しい街並みを見ながらのセグウェイ初体験は最高でした!

 

キッズプログラムでの息子の様子はどんな感じ?


もちろん、ずっと一緒にいたわけではないので、細かい部分はわかりませんが、キッズルームのスタッフさんや息子に聞いた情報と、セグウェイが早めに終わってキッズプログラムに合流した僕が実際に見た様子をまとめてみました。

まず、預けてから少しの間は、キッズルームでそれぞれ好きなことをして遊んだり、みんなでダンスしたり、英語の歌を歌ったりして過ごします。息子は楽器が好きなので、ウクレレが気に入って遊んでいたようです。この日は、6名の子どもを日本人スタッフさん1名と現地スタッフさん2名(1名は英語のみ)が面倒を見てくれました。

次は、水着に着替えてワイキキビーチへ移動です。5歳以上のプログラムはボディーボートに挑戦!もちろん、うちの息子も初めての経験です。最初はおっかなびっくりで、かなり苦戦したようですが、スタッフさんが根気強く教えてくれたおかげで、最後はしっかりライドできていました!



ちなみに、海へ行く時は少なくともスタッフさん2名で引率し、1名はライフガードの資格を持っているそうなので安心できますね。

後半は、シェラトンワイキキのプールで水遊び。シェラトンワイキキのプールはワイキキでは珍しくスライダーがあるんです。私が合流した時、息子は飽きずに何度もスライダーをリピートしてました。

この時間になると、引っ込み思案の息子も周りのお友だちとすっかり打ち解けて遊んでました。この日は、小学生のお兄ちゃんも一緒に参加していて、うちの息子を遊んでくれていたようです。



プールで遊んでいる間、現地スタッフさんが子ども達に簡単な英語で話しかけてくれていました。うちの息子は、わからないながらも「YES!」「OK!」って元気よく会話してましたよ!こういう経験も、海外のキッズプログラムならではですよね。



11時45分頃までプールで遊んだら、キッズルームへ帰ってお着替えして半日プログラム終了です。

 

お迎えに行くと息子はニッコニコの笑顔だった!


さてさて、お迎えのお時間です。僕は途中から合流したので、お友だちと遊んでいる息子の様子はわかっていましたが、本人に感想を聞いてみると「明日もここに来たい!」だそうです(笑)「海でボディボードして遊んだよ!」とか「おねえちゃんとプールで遊んだよ!」とか、興奮気味に話してくれて、とにかく大満足だったようです。

もうひとつの収穫は、息子が「英語を話せるようになりたい!」って言い出したこと!親としては、これをきっかけに英語に興味を持ってくれないかなーなんて、少し期待していたので、思わず小さくガッツポーズ。息子の気が変わらないうちに、英会話の体験教室に連れて行こうと思っています。

クレジットカードで精算を済ませ、スタッフさんとバイバイしてポピンズを後にしました。

 

まとめ


以上、ポピンズに幼稚園児の息子を預けてみたレビューでした。参考になりましたでしょうか?ハワイって家族で行くには、最適なリゾートだと思うんです。ある程度は日本語も通じるし、子どもと一緒に楽しめるアクティビティも充実しています。でも、やっぱり子ども不在の大人時間を楽しみたい気持ちもある。

そんなときに、キッズプログラムを利用するという選択肢があります。我が家は、ポピンズのキッズプログラムを利用することで、息子もハッピー、親もハッピーな時間を過ごすことができました

 

ポピンズはVELTRA(ベルトラ)で事前予約が必須!


さて、ここでポピンズをおトクに予約するコツをご紹介しますね。コツと言っても超カンタン!それは、VELTRA(ベルトラ)を利用することなんです。VELTRA(ベルトラ)経由でポピンズを予約すると、ハワイ旅行中に使えるスペシャルクーポンがGETできちゃいます!



サイモングループのワイケレ・プレミアム・アウトレットで使えるクーポンは重宝しますよね!ただでさえ安いアウトレット価格なのに、VIPクーポンを使うとさらに30%オフなんて店舗もあるんです

ポピンズのオフィシャルサイトから予約しても何の特典も付きませんから、とってもおトクですよねー。

でも、ちょっと待ってください!

実は、VELRTA(ベルトラ)をオススメする理由はポピンズの予約だけじゃないんです。ハワイを旅行中のモバイルWi-Fiやオプショナルツアー、飲食店まで、とにかく幅広くおトクに予約できちゃうのがVELTRA(ベルトラ)なんです!

今回、我が家もポピンズの予約はもちろん、この記事でもご紹介したセグウェイ体験、ステーキで有名はウルフギャングの予約もVELTRA(ベルトラ)を利用したんですよ!
 
 

VELTRA(ベルトラ)とは?


VELTRAとは、14,000種類以上の海外・国内のオプショナルツアーを低価格で予約できる現地ツアー専門サイトのこと。2004年に予約サイトを開設し、14年間営業を続けている現地ツアー専門サイトの草分け的な存在です。海外旅行の現地ツアー専門サイトと言えば海外の会社が多い中で、VELTRA(ベルトラ)は日本企業が運営する貴重なサイトと言えますね。



特徴は、オプショナルツアーの登録数が最大級であること。例えば、ハワイのオプショナルツアーは、オアフ島で約500種類、ハワイ島で約160種類もラインナップされています。

 

VELTRAの特徴とは?



①最低価格保証

VELTRAよりも安い価格を提示しているサイトがあったら、最低価格を保証してくれます!地味に嬉しいですよね。ちなみに、僕も今回予約した渓谷乗馬で、ちゃっかりこの制度を利用させてもらいました(笑)
 

②ポイント還元

ポイント還元率は利用額の1%ということで、決して高くないです。それに、ポイントの利用方法は、次回の海外旅行時にVELTRAでオプショナルツアーを予約する場合の代金に充当できるというもの。そんなに頻繁に海外旅行へ行かない人にとっては、あまりメリットにはならないかもしれません。残念ながら、我が家もそうです。
 

③おトクな企画開催

コレ、大注目です!例えば、ノースショア観光ツアーを2名で予約すると、条件付きではありますが、1名が無料になったり、さらに「タンタラスの丘 夜景鑑賞ツアー」に無料で参加できたりと非常におトクな企画が常時開催されているんです。これを使わない手はないですよね!ぜひ、皆さんも探してみてください。


 

④リアルな体験談満載!

ここで1つ注意点をお話します。VELTRAは、あくまで現地ツアーを代理で販売しているという点です。つまり、実際にツアーを催行するのは現地会社なので、個々のツアーの評判は、しっかり口コミでチェックすることが大切なんです。その点、VELTRAの口コミ数は半端ない!世界最大級の現地オプショナルツアー専門サイトだけあって、良い点も悪い点も相当数の口コミが掲載されていますので、失敗するリスクを低減できます。僕も必ず口コミはチェックする派なので、とても助かりました。

それから、もうひとつ重要な特徴があるんです。それは、日本語ガイドが案内するツアーが豊富なこと。これってポイント高いですよね!僕自身、英語に自信がないので日本語対応かどうかは重要な要素になりました。

 

VELTRAの利用方法





我が家のハワイ旅行には、VELTRA(ベルトラ)が欠かせません。皆さんも、一度はサイトを覗いてみることをオススメします。

 
 

>>>VELTRA(ベルトラ)はコチラから<<<